もかみカフェ

読書記録とかお茶とか🌼

2021年12月の読了本まとめ✨

今年初ブログです!

2021年は、ツイッターの読書アカウントとこのブログのおかげで読書が楽しくなりました♡

ちゃんと記録に残すと、内容も忘れにくい気がします。

今年もゆるゆるとネットの海の片隅に防備録を置いて行きたいと思ってます🥰

お正月はニューイヤー駅伝から箱根駅伝と、駅伝を満喫して幸せでした〜😆✨

私陸上部で長距離やってたので、、今年も箱根は胸熱でした!

美味しいものたべてのんびりしてたけどそろそろ通常営業で頑張らなきゃね。

今年はより、好きなものを大切に暮らしたい。

では!12月の読了本まとめを記録していきます★

12月はいつもより少なめかも。

 

❦2021年12月の読了本❦

 

養老孟司 『猫も老人も役立たずでけっこう』

 

とっても面白かった!

意識を変えるのは外から入ってくる感覚。

頭の中だけではなかなか変われない。

自然の中で、考えずに感じる時間をもっと増やしたいし大事にしたい。

私も「意味」ばかり探してるかも。

猫を見習うべし。

 

自分が変わると世界が違って見えますから退屈しませんよ。

よく若い人たちが「退屈だ」とボヤいているのは自分が変わっていないから。それでいつも世界が同じに見えているんです。

人生は一回しかないんだから、「何回も生きてみよう」というふうにしたらいいじゃないですか。

そういう時に、変えてくれるのは感覚です。外から入れなきゃだめ、頭の中だけではなかなか変われない

 

世界は意味のないもので満ちている。

皆ちがうはずなのに、世界は同一化しようとしてる。

 

私も都会に魅力を全く感じなくなってしまったので、本当に面白くて興味深い内容でした!

なんで皆同じになろうとしてるのかな?ちょっとズレて見ると気持ち悪く感じることあるよね。

 

 

◆浅倉秋成 『六人の嘘つきな大学生』

 

話題になってる作品。

これは面白かったです!

IT企業の最終面接に残った六人が繰り広げる物語。

人の心って多面体だよね。裏もあれば表もある。

対人用に作り上げた表用の性格と本当の根っこの部分は違ってたり。

就活の面接ってなんなんだろうね。

皆よく見せようと多少は自分の設定盛ったりするもんね。

採用担当してる友人が、資格や経歴はもちろん大事なんだけど、普通にコミュニケーション取れる子がいちばんありがたいわって言ってたよ。

 

この作品、騙された、とか、意外な…とか感想をチラチラ見てたので、私は絶対騙されないぞ!みんなの嘘も見破ってやる!と意気込んで読んだんだけど、すっかりだまされました😂

 

真実を知ったあとに読み返すのも味わい深いかもしれない。

 

 

相沢沙呼 『invert』

 

『medium 冷媒探偵城塚翡翠』の続編

 

また翡翠にあえて嬉しい😊✨

今回は倒叙ミステリ。あらかじめ犯人はわかっている。

完璧に仕上げたはずの犯罪を翡翠が追い詰めていきます。

個人的には倒叙推理小説があんまり好みではないのですが、これは面白かったです!

倒叙ミステリ…コロンボとか、古畑任三郎とかね)

特に最後のお話、「信用ならない目撃者」はドキドキしながら読みました!相沢沙呼先生さすがだな。

 

いちばんびっくりしたのは、読了ツイートあげたらついたいいねの数😂

私フォロワーも多くないのに、1日で150近くいいねしてもらいました。

この作品の人気度合いがわかります。皆、翡翠ちゃん大好きなんだな♡

 

 

◆阿部智里 『発現』

 

同じ幻覚が見えるようになってしまった兄妹と、兄の不可解な死の理由を調べる弟。

昭和40年と平成30年の物語が交互に語られ、やがて交わり辿り着いた結末は……。

 

八咫烏シリーズの阿部智里先生が書くホラー。

読み始めはだいぶ怖かったです。

読み進めて行くうちにわかってきた真実は、本当にやるせないものでした。こういう事はもしかしたらあるのかもしれない。

 

 

萩尾望都 対談集『マンガのあなた*SFのわたし』

 

萩尾望都先生の70年代の対談集。

対談相手がめちゃくちゃ豪華!

手塚治虫石ノ森章太郎水野英子小松左京美内すずえ寺山修司松本零士

 

羽海野チカ先生との対談は語り下ろし。

萩尾望都作品は、数作品しか読んでないのですが、興味深く、楽しく読みました。皆さん博識で読書量が半端ない。作家同士の熱い会話が読み応えたっぷりでした。

 

作品の話ではないけれど、萩尾望都先生に一緒にビーズを買いに行きたいと言ってる羽海野チカ先生が可愛らしかった😊

まさかのハチクロの裏ラスト?にも言及されていて、そういうこともあるよね、、と。

 

 

◆僕のマリ 『常識のない喫茶店

 

ブログにも書きましたが、共感の嵐でした。

ずっと心のなかで、わかる〜!と思いながら読んでた。

お客と店員は対等です。

接客業してると理不尽な思いをする事が多々あるのだけれど、本当は著者のように戦いたいのです🤣

 

語り尽くせないほど共感したし笑いました。

接客業の方はぜひぜひ♡

 

 

12月はバタバタ忙しくあんまり小説は読めず…

でも最高すぎるエッセイに出会えました😊

 

再読

吉本ばなな『キッチン』

 

漫画

田村由美『ミステリという勿れ10』

楽しみにしてた〜!

 

 

かまたきみこ『KATANA』

 

f:id:mokamicafe:20220109144456j:plain

 

2巻面白かった!

 

こんな感じの12月でした。

今年も読みたい本たくさんあるので、のんびり読書していきたいです😊

 

 

 

 

2021年買ってよかったBEST3

今週のお題「買ってよかった2021」

 

気がつけば、2021年も終わりが近付いてきましたね〜。

 

今年は全然大きな買い物をしなかったんだけど、買ってよかったものはたくさんあります。

 

買ってよかったものって、私は本がいちばん多いんだけど、今回は本以外で買ってよかったものの記録を残しておきまーす。

 

2021年買っていちばん買ってよかったものは…

 

波佐見焼のマグカップです♡

 

前からずーっと気になっていたマグカップ

4色買いました。2つはプレゼントに🎁

ネイビーとベージュを我が家用に。

f:id:mokamicafe:20211226150847j:plain

 

 

持ち手の幅が広くて持ちやすく、つるんとした感じ、丸くないカタチ、全て素敵なカップです。

 

このカップで珈琲を飲むと美味しく感じるんだよ😊❣️

ネイビーはカフェオレをいれるとまた映えます。

 

波佐見焼、素敵な器が多くて少しずつ集めていきたいし、長崎に遊びに行けたら、ぜひぜひ波佐見町を訪れたい!

 

小さなことかもしれないけど、このマグカップのおかげでお家で珈琲を飲む時間がとっても楽しくなりました。

なので今年の優勝。

 

楽天の器の華 まるふくさんで買いました😊

 

2番目に買ってよかったものは…

 

SALONIAのストレートアイロンです♪

 

 

これな〜もっと早く買えばよかった。

Amazonのセールでめちゃくちゃ安く購入させて頂いたのですが、使い心地最高。

 

立ち上がりは早いし、軽いし、コンパクト。

ボブ〜ショートの人は持ってると絶対いいよね。

後れ毛巻くのも巻きやすくていいと思う。

 

 

私の髪質は直毛で柔らかめ。今まで鎖骨ラインの長さだったので、32cmと26cmのアイロンがあればまぁよかったんです。

個人的に巻きがないと地味子に拍車が掛かるので…

 

その後顎ラインのボブにしたんだけど、カールアイロンだと巻きすぎちゃうな〜と思う時があって。

 

そして最近、インスタでいいなあ〜と思った美容師さんにお願いする事になって、ショートよりのボブにしてもらいました。

 

美容師さんのインスタ投稿って本当に参考になるんだ。

リアルお客様カットとか、ビフォーアフターとか。

普段のお仕事から、巻き方レクチャー動画、セットの仕方とか、いつも楽しく見させてもらってたんだけど、その中でおすすめにあがってきた美容師さんの投稿のスタイルが本当に好みで。速攻で予約しました!

 

美容院変えるのも久々でドキドキしたけど、本当に素敵な今時ショートボブにしてもらえました🥰❣️

 

巻いても巻かなくてもオッケイな髪型なんだけど、巻くとまた雰囲気変わるしかわいい❤

短いと、カールアイロンよりも断然ストレートアイロンのほうが巻きやすい!

 

熱を加えると髪の艶感もアップするし、カールアイロンだと時々手が滑って、熱ッってなる事あると思うけど、ストレートアイロンならまずないし…不器用な人も安心w

 

美容院も思い切って変えて本当によかった。

担当スタイリストさん、すごく優しくてかわいくて、お仕事は丁寧で、勉強熱心。また切ってもらうのが楽しみ😆❣️

 

3番目に買ってよかったものは…

 

5.5煮物鉢です♡

 

直径約17cmの中鉢なんですが、この大きさとても使い勝手が良くて、食卓に登場する機会が本当に多いです!

 

丼ものもオッケイだし、スープ、サラダ、カレー、汁気の多い炒めもの、などなど。

困った時にちょうど良い大きさで大活躍してれます。

 

お昼にお茶漬け食べたり、ミニ丼作ったり。

買ってよかった!

f:id:mokamicafe:20211226142712j:plain

これは美濃焼

雑貨屋さんで買いました〜。

 

住んでる場所が、中部地方なので、美濃焼、瀬戸、萬古焼、常滑焼はけっこういつでも訪ねて行けるのでありがたや。

 

美濃焼も好みの器が多くて。この中鉢も意外と、和、洋、中どんな料理も合います♡

 

器は毎日使うものだから、お気に入りがたくさんあると嬉しいです。

 

料理上手な友達のお家でよくお昼をごちそうなるんだけど、彼女のお家のお皿が本当に素敵なものばかりで、今は洋服より器がほしいよね♡っていう話で盛り上がる(笑)

家もだけど、彼女のお家もブルー系のお皿が多くて、料理も映えるなーと個人的には思います😊

 

 

これもほしいやつ🥰✨

 

今年のお気に入り、どれも心から買ってよかったものたちです。

 

来年も、本当に好きで、そばに置きたいものに出会えるといいなあ。

 

今迷っているのは蒸籠です!

蒸し料理作りたいなー。

 

あとはハンドミキサー

面倒なケーキを焼きたいから😆

購入するかはまだわからないけど、迷うのも楽しみです。

 

今年も振り返れば色々あったけど良い1年でした〜!

 

このブログは、最初は趣味の副業プロモ記事の練習に使おうと思ったんだけど、すっかり自分の防備録になってしまった😂

 

でもそれでいっかな〜。これからも好きなことを書いていきます!

読書記録多めだと思うけど。

 

たくさんの人に見てほしいとか、全く思ってないただの防備録だけど、見ていただいた方、コメントくださったり、スター★を押して頂いたり、すごく嬉しいです!

こんな拙いひとり言ブログに、ありがとうございました😊

 

年内の更新はしない気がするので…

また来年もゆるく楽しくブログ書いていきたいと思います🥰

 

12月の読了本まとめも来月更新するよー

久々の再読🎄吉本ばなな『キッチン』

#名刺代わりの小説10選にも入れてる、

『キッチン』を初めて読んだのは、高校三年生の、ちょうど今くらいの冬の時期だったと思う。

もう何年前かしら。

それから幾度となく読み返してきた。

この物語について、私は昔も今も、多分これからも、上手に言葉にできないと思う。

でも、それでよいのだと思うのです。

 

さっき久しぶりに何度目かの再読を終えて、うまく言えない気持ちが溢れてる。

でもやっぱりそれを上手に説明したりはできないなあ。

説明なんてしなくていいんだけど。

 

生と死はいつも隣り合わせ。

でも生きてると、勘違いしちゃうんだよね。

誰だってその時はやってくる。

突然かもしれないし、時間をかけてかもしれないし、

自分が明日ここにいるかどうかなんて、本当は誰もわからない。

生きてる時間は期間限定なんだよね。

 

生きるって、氷の上に立ってるみたいだって時々思う事があって。

それくらい、絶対なんてないし、常に動いて変わっていく。

 

だから本当に今は今しかなくて、その有限の時間を、もがきながらもできる限り大切に過ごしていきたいと漠然と思うのです。

 

キッチン、満月ーキッチン2、ムーンライト・シャドウ

この3作品を読むと本当にもう心のなかがいっぱいになっちゃうんだ。

 

ムーンライト・シャドウはキッチンとは別のお話だけど、何度読んでも苦しくて仕方ない。

 

 

最近、インスタで本を紹介している方の投稿を見たのだけど、

「ほっこりする小説」にキッチンを入れていて、私はびっくりしました😳

 

人の感じ方や思う事って、本当に10人いれば10通りなんだね。

 

「キッチン」と「ほっこり」が私のなかでは全く噛み合わなくて。

 

でもそれが悪いわけじゃなくて、そういう捉え方もあるんだな〜と、人の感想を読むのは面白いなあと思いました。

 

再生の物語、と言ってしまえばそういう一面もあると思う。

 

でも、そこへ至るまでの、その過程に思いを馳せると、、、

私には言葉にできないのです。

 

でも読み手の受け取り方によっては、再生の希望あふれる物語になるのかもしれないね。

 

それも素敵かもしれない。

 

18歳の冬から随分遠くに来たけど、最初に読んだ時から、「キッチン」の印象は変わらなかったなあ。

 

私にとっては本当に強烈な作品なのです。

キッチンについて、何か書いたのも初めて😂

 

またこれからも、何度も読み返すと思う。

 

そしてやっぱり美味しいカツ丼を食べたくなるよね。

 

 

f:id:mokamicafe:20211224143256j:plain

ボロボロですねー😇

表紙もないし、テープ跡が…😱

 

 

 

身体のお手当て(^^)最近美味しく感じる梅醤番茶のこと

体がポカポカ温まる飲み物、「梅醤番茶

マクロビオティックとか、養生食とか、おばあちゃんのお手当て食、などなどがお好きな方には有名な飲み物だと思います。

 

材料は、梅干し、醤油、生姜汁、番茶。

マクロビ界隈では三年番茶をオススメしてますね。三年寝かせた番茶。

身近な材料で手作りされる方もいらっしゃいます(^^)

私の好きなブロガーさん、ポンコツエリンギさんも手作りされてました😊

 

 

梅醤番茶って、ちょっと独特の味で、決して美味しいとは言い難いのですが…

なぜか今年の冬は体が梅醤番茶を欲しているのか、飲みたくて仕方なくなってしまったのです😳

 

そこで今回は某ブログで紹介されていた、いんやん倶楽部の梅醤エキスを購入してみました🍵

 

 

濃縮番茶入り!気になりますね~✨

 

濃厚なドロッとした梅エキスが瓶に入っています。

蓋を開けると梅の香りがします。

 

 

 

エキス小匙1杯に対して、お湯100〜120mlがおすすめと書かれていますが、私はお湯150mlより気持ち多めにしてます。

 

味は………梅醬番茶です🤣

特にすごく美味しいとかそういうわけではなく、体に染み渡るなぁ〜という味。

でもなぜか、今年は美味しく感じる。

朝目覚めの1杯も梅醬番茶にしています。

 

私は普段から体温が低めで35度台は普通なんです。

低体温は万病の元!とか言われてますが、今の所調子は悪くないのです。

でも朝は本当に苦手。早起きは地獄です。冬の朝は特に。

 

体が起きるまで時間がかかってしまうのですが、そんな朝に梅醬番茶は効果ありな気がします。

(もちろん思い込みかもしれない😆)

 

梅醬番茶の効能は

・体を温める

・腸内環境を整える

・風邪予防

・血流をよくする

などですかね。

なにせスーパーフード「梅」がメインなんですもの。

梅はマジで素晴らしい食材だと思います。

 

梅干し、梅酒、梅シロップ、梅ジャムetc…

 

伝統的な作り方で漬けた梅干しは何百年先も食べられるそうですよ。

好きな漫画

「海の見える台所」1巻にに出てきたエピソードです。

 

 

おばあちゃんと孫とその親友とご飯を作って食べる優しいお話です😊

 

梅はアルカリ性食品

肉や魚、お米やパンなど、普段の食事ってどうしても酸性食品が多くなりがち。

梅は酸性に傾いた体のバランスを整えてくれるんです。

 

あと、加熱するのがおすすめ(^^)

梅は加熱すると、【ムメフラール】という成分が生まれます。

 

クエン酸と糖分が結合し生まれる

血流を改善し、代謝を高め、体を温めるなどの効果が期待できます。

 

ムメフラールは加熱してない梅には含まれない成分なんです。

 

梅干しを軽くフライパンやトースターで焼くと出来る焼き梅が美味しくておすすめです😍

焼き梅は、フライパンなら油をひかずに弱火でじっくり焼くだけ。

アルミホイルで梅干しを包んでトースターやグリルで焼くのも簡単。

 

焼き梅はそのまま食べても、料理に使っても◎

冷めても効果は変わりません。

ほんの少しだけ、梅干しの酸っぱさがまろやかになる気がします。

 

梅醬番茶も加熱した梅ですね😊

 

梅醬エキスは料理に使うのもいいらしいです。

まだ試したことはないですが、ドレッシングや和え物など。

マヨと混ぜたドレッシングとか美味しそう🥰

 

 

今年はなぜか梅が恋しい。

私の身体は酸性に傾いているのかも。

 

この数年は体調を崩す事が全くなかったのですが、予防は大事。

なるべく病院にお世話になりたくないので、普段の食事で体を整えていきたいです。

 

ちなみに私が梅醬番茶に興味を持ったのは、梅崎和子さんの「おばあちゃんの手当て食」という本でした。

 

 

古い本なので、多分中古本しかないのかな?

おばあちゃんの知恵袋的な体にやさしいレシピがたくさん載ってました。

 

人間の自然治癒力を信じるって大事だと思うんだよね。

もちろん、病気のときは病院での治療は大切です。

でも、普段から、自分の身体をメンテナンスして、整えておくのがいちばん大事と思います。

 

何でもやりすぎはよくないから、程々に。

バランスよく。

色んな意味でどちらかに偏らないようにしたいな〜と思うこの頃です。

 

 

 

それでも接客業が好き!『常識のない喫茶店』を読んで思うこと


先日、僕のマリさんのエッセイ『常識のない喫茶店』を読了しました!

読みながらずーっと心のなかで「わかるー!」と共感の嵐でした。


(これは本の感想というか私のただの愚痴かもです😱)

私も著者と同じ、喫茶店のスタッフです。

カフェでの接客なんてのんびりしたものでしょって思われる方もいるかもしれないけど、とんでもない…!

仕事が忙しいのはまだいいんだ。

いちばん精神を削られて、疲れるのはワガママで自己中で理不尽なお客の対応。

奴らがいなければ、、、本当に疲れる事なんてないんだもの。

f:id:mokamicafe:20211220125154j:plain



著者の働く喫茶店は、働く者がルールなんだそう。

嫌だなあ、と思う客には塩対応。

 

失礼な人やマナーが悪い人には普通に注意し、許せない行為があれば出入り禁止にする!

 

素晴らしいお店だと思う。

接客業をしていると、理不尽な思いをする事が多々あるのだけれど、本当は私も著者のように戦いたいのだ🤣🤣

 

まぁ自分の職場でそれが許されるわけないんだけど。

理不尽な目にあって、理不尽な言いがかりをつけられてもとりあえず謝っとけっていう社風なので😇

それで丸く収まればいいと。

スタッフの気持ちなんて二の次だからね。

 

でも、私は無礼者には笑顔で塩対応をするよ。

常識的な良いお客様と同じようにできるわけないじゃん。

わからない程度に差をつける。

 

ちなみに周りのスタッフもだいたい同じ事言うから…🤣

接客業あるあるなんだと思う。

 

接客業をした事がない人が見たら、「接客に向いてない」「嫌なら辞めれば」とか言うんだろうね。

ツイッターで接客業の人の愚痴アカウントを時々チラ見するんだけど、仕事であった出来事や愚痴に対してそういうリプライを飛ばしてくるお馬鹿さんをよく見かけます。

君も一度一緒に働いてみればわかるよ😊✨

 

些細な事で、本社にクレームの電話やメールをする人がたまーにいるんだけど、わざわざ検索して、親会社を調べ、文句を言うっていう負のエネルギーがまじですごいな!って思う。

 

そういうクレームってだいたいネタにされてるからね(笑)

 

「クーポンを使いたかったのにあらかじめ聞いてくれなかったから使えなかった」とか。

いやいや、クーポン使いますって言えば…😇?

お前がクーポン持ってるとかこっちはエスパーじゃないから知らないんだわ。

 

正直無礼者は気に入らないなら二度と来なくていいと思う。

 

でも、現在の日本では店員の立場ってとても弱いんだよね。

 

本当はお客と店員は対等なんだよ。

 

理不尽な無礼者って絶対自分が正しいの。スタッフは下に見てよい存在らしいよ。

 

お互いに思い遣りと想像力が必要だと思うんだけどな。

 

理不尽な無礼者と対象的な、何年も通ってくれているのに威張らず、いつも控え目で優しいお客様はスタッフにも好かれていて、新人さんにも、あの人は神だよ😊✨と伝えたりする。

スタッフ仲間は「アイスティーくらいサービスしてあげたい♡」とよく言ってたりする。

押し付けがましくなく、いつもさり気なくこちらを気遣ってくれてる気持ちが伝わってくるんだ。

 

そういう人には全力でサービスするよ。(居心地良い人気席に案内したり、お冷やのおかわりとか率先して行くw)

 

「働いている人が嫌な気持ちになる人はお客様ではない」という理念が、この店を支えてきた。お金を払っているから何をしても許されると思っている人は絶対に来ないでほしい。店員にも感情があるのだ。理不尽なクレームや、値段に見合わない我が儘に耳を傾ける必要はない。

 

「常識のない喫茶店」本当に素晴らしい。本当にそうだと思う。

自分が悪くなくても謝らなきゃいけないなんて意味がわからないし、理不尽な奴もますます理不尽になるだけなのに。

 

お客だって、よいお客でいる努力はしてほしいよね。

だって皆勘違いしてるけど上下関係ないからな。

 

ずーっと接客業をしてきて思う事は、年々お客さんの我儘、理不尽さが酷くなってるな〜と言う事。

学生時代のバイトから、洋食店、ホテルでの給仕、喫茶店(今3店目)と働いてきたけど、やってもらって当たり前、お客だから我儘言って当然、察して、、思い通りにならないと不機嫌になる…などなど、昔はそこまで変な奴多くなかったよな?と思うんだけど、何なんだろうね?

 

珈琲1杯の料金で過剰なサービス求めすぎ。

そこまでしてほしいならサービス料とるけどいいの?って言いたくなるよ。

 

良いサービスしてほしかったらまず自分が良いお客になってくださいね!

 

と言うわけで、長々と語りたくなってしまうくらい、この本は共感の嵐でした。

 

接客業頑張ってる人は面白くて笑うと思うし、あるある!っていう話がたくさん出てくるからおすすめだよ。

 

接客をした事がない人にはちょっと意地悪に感じる部分もあるかもしれないけど、スタッフ側の本音が包み隠さず書かれてるから、読んでみてほしいな。

 

理不尽なお客ネタを語りだすと止まらなくなってしまうんだけど、

私はそれでも接客がやっぱり好きなんだ。

優しい常連さんとの何気ない会話、ありがとうって言ってくれる笑顔。

美味しかったよ〜😊っていう一言。

嫌な事も吹き飛ぶよ。こちらこそ本当にありがとう。

 

私なんて本当に小さな街のただの店員だけど、私のできる小さなことで喜んでくれる人が確実にいるって本当にすごいことだなって思う。

 

これからも、私なりのやり方で、理不尽な海を泳いでいけたらいいな。

少しずつ、接客業のスタッフが悔しい思いをする場面が少なくなるといいと心から思います。

 

私がオーナーになったら、ネットで悪口書かれてもいいからクソ客は迷わず出入り禁止にするよ😆

 

皆さんお仕事お疲れ様です!

 

ぜひぜひ読んでみてね♡

ナイトミン 耳ほぐタイムを使ってみたよ〜!

最近SNSで話題の、小林製薬さんの

ナイトミン 耳ほぐタイム!

ネットでは一時期品薄になってたりしていたようですが、近所のドラッグストアで見つけて購入してみました😍

 

 

イヤーピースに発熱体を入れて耳に装着すると、じんわり温まってリラックス効果があるらしい!緩やかな耳栓効果もあるから、寝付きの悪い方にもおすすめらしい…!

 

ツイッターで買ってみた方のつぶやきが回ってきたのですが、

「普段寝付きが悪いんだけど、5分で寝落ちした😳」と書いてあり、、

インスタでフォローしてる方も買ってよかった〜!とおすすめされていたのを見かけていたので、気になりすぎていた商品でした。

 

さっそく使ってみた感想を記録しておきます♡

 

最初に、結論から!!

私も買ってよかった〜!また絶対リピートしたいです😆✨

 

f:id:mokamicafe:20211216115641j:plain

f:id:mokamicafe:20211216115644j:plain

f:id:mokamicafe:20211216115646j:plain

f:id:mokamicafe:20211216115649j:plain

 

使い方も簡単でした😊

 

(写真が微妙ですみません😱)

イヤーピースはSサイズとMサイズの2種類あるのでお耳に合う方をつけます。

発熱体を袋から出して、本体にはめるだけ。

 

耳に装着すると、、、すぐにじんわり温かくなってきます😆

途中、ちょっと熱いかな?と一瞬思いましたが、私は気にならない程度でした。この辺は個人差があると思うので、熱くて無理!って感じる方もいるかも。

耳からじんわり温まると、ほぐれる〜!気持ちもほぐれる気がしてめちゃくちゃリラックスできました。

 

冬は寒くて寝付きが悪いのですが、私も5分くらいで寝落ちしたかも。記憶がありません笑。

 

耳って自律神経が集まってるから温めるといいのかな(*^^*)

 

私にはリラックス効果バツグンでした。

 

ちなみに、夫もお昼寝時に使ったのですが、横で見ていたら10分くらいで寝息をたてはじめました。

 

お疲れの方は試してみる価値あるかも!

 

耳栓効果はそんなに感じませんでした。話し声は普通に聞こえるかな。

 

 

花王のめぐりズムの「蒸気でホットアイマスク」と併用すると良いと思いました😊

 

めぐりズム、「蒸気でグッドナイト 首もとあったかシート」

というのも購入してみたのですが、これも最高によかったです!

首もとをじんわり温めてくれるので、リラックスできます。疲れてちょっと首や肩が痛くて、頭も重かったのが温めるとだいぶほぐれる気がします😊

 

こちらは首に直に貼るタイプです。

 

 

寒い季節、どうしても体がこわばりがちになってしまうので、温めてほぐすのは大事だなあ〜と思いました。

 

12月はどうしてもバタバタ忙しいですね。

疲れを溜めないように過ごしていきたいと思います🥰

2021年11月 読了本まとめ✨

あっという間に12月!

今年も残りわずかですね…。大事に過ごしたいです😊

今月も読了本を記録していきます!

11月はこの先何度も読み返したいな〜と思う本にたくさん出会えた気がします!

今月は上から読んでよかった順にしてみます😉

 

❦2021年11月の読了本❦

 

古本一絵『さよならの夜食カフェ』

マカン・マランおしまい

大好きなシリーズ。さよならが寂しくて読むのを先延ばしにしていました。マカン・マランは私にとっても大切な場所になりました。

自分で決めていい。ただし決めた事には自分で最後まで責任を持つ。

本当の気持ちから目をそらさずに、毎日大切に生きていきたいと心から思いました。

またいつか、、会えるといいな。シャールさん、ありがとう。

 

 

賀十つばさ『バニラな毎日』

私にはすごく響いて刺さった物語でした。

自分の本当の気持ち、素直な気持ち、「誰か」じゃなくて、「私」がどうしたいか。

自分で選んでいるつもりで、実はそうじゃなかったりすることもあるし、ちょっと歯車が噛み合わないときもあるし、、、

素直な気持ちに耳を澄ませて、無理せずに自信を持って、自分の自由な幸せを大切にしたいと思った😊

 

 

恩田陸『灰の劇場』

日常と死は地続き…

同居していた二人の女性の心中。

二人の事を小説に書く作家。その小説の舞台化。

絶望が日常に迫りくる。人は案外些細な事で境界線を越えてしまうのかもしれない。

 

生と死は紙一重

読み手によって受け取り方は様々だと思う。

 

不思議な構成の小説で、3つのパートが入り混じり物語が進んでいく。

個人的にはすごく好みで、手元に置いておきたい1冊。

 

 

桂望実『結婚させる家』

久々に桂望実作品を読みました!

 

40歳以上の結婚情報サービス会社で働くカリスマ相談員、恭子さんが主人公。

本当は独身だけど、会社では結婚している設定で働いている50代。

時々一人のときに寂しくて泣いてしまう恭子さん。

交際中の婚活カップルのお試し同居プランを提案。

自分を偽ってでも結婚へ向けて努力させてきた恭子さんだけど、様々な人の人生に触れていくうちに少しずつ変わっていく。

 

交際中のカップルの今までの人生に真剣に向き合ったり、新たな出会い、猫やウォーキングを通して恭子さんの気持ちが少しずつやわらかくなっていく様子がとてもよかった。

恭子さんが出会った、40代で看護師になった草子さんの言葉。

不幸でないなら充分よ。私はそう思うわ。

もっとこうだったら、ああだったらと言い始めたらキリがないもの。

今日も無事に終えましたと言えたら、それでいいのよ、きっと。

 

もう一つ

 

間違いがあっても、嘘があっても幸せになっていいのよ。誰だって幸せになっていいんだからね

 

結婚すれば幸せなわけではないし、幸せの形はそれぞれ違う。

誰とも比べず自分なりが大事だよね。

やっぱり好きな桂望実作品でした。

 

 

古内一絵『最高のアフタヌーンティーの作り方』

 

余韻が心地よいお話でした。

ホテルのアフタヌーンティーに行きたくてたまらなくなるなあ。

お菓子はご褒美なんだ。だからだらしない気持ちで食べたらもったいない。というお祖父ちゃんの言葉が心に染みました…。

 

同僚と先輩との関係に悩んだ主人公の涼音に、お祖父ちゃんがかけた言葉もよかった。

真意はどうであろうと、

「その先輩はお前に優しくて、その仕事仲間はお前にとって頼もしかったんだろう?だったらそれでいいじゃないか」

 

こういう心持ちでいたい。

現実なんてのは、いつだって厳しいもんだ。

それが分かったうえで、美しい面を見るのも一つの覚悟だ

 

とても素敵なお話でした😊

 

 

東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

 

ツイッターでフォロワーさんにおすすめしてもらった作品です😊

東野圭吾作品をほとんど読んだことがなくて😭何から読もうか迷っていたのですが、読んでよかったです。

時空を超える手紙。

過去と現在が交わり、繋がっていく、まさに奇蹟のような素敵なお話でした。

映画も見てみたいなあ。

これを機に色々読んでみたいです!!

 

 

辻堂ゆめ『あなたのいない記憶』

数年ぶりに再会した幼なじみの二人。

話しているうちに二人の記憶があまりにも違っていることに気付き…

虚偽記憶を植え付けられた?誰に…?

 

たどり着いた真実はせつなくてやるせないものでした。

 

人間の記憶って実はとても曖昧なものなのかも。

読み応えのある物語でした。

 

 

青木祐子『レンタルフレンド』

女性専用、プロのレンタルフレンドとして働く七実

キャラ設定から話題作りのための情報収集など努力を惜しまない。

時間内は本当の友達。

お金を介した関係が必要な人もいる。

面白いお話でした〜。

明石路代先生の漫画、P.A.(プライベートアクトレス)を思い出した😆

 

 

辻堂ゆめ『あの日の交換日記』

交換日記にまつわる連作短編。

教師と生徒、親子、姉妹、夫婦…どのお話もそれぞれ温かく、最後の種明かし、それまでの小さな違和感、繋がりが見事なお話でした。

 

交換日記、、、私続かなかった🤣

 

 

下村敦史『告白の余白』

4年ぶりに実家に帰ってきた双子の兄が土地を生前贈与してほしいと言い出すところから始まる物語。

 

突っ込みどころ満載すぎて、細かいことにいちいち突っ込んでたから純粋に楽しめませんでした(笑)

全員面倒な性格だし、京子は気の毒を通り越して怖いわ🤣

ちょっと私には理解できない人々ばかりで、弟の英二が家業をほっぽりだして京都に半年近くいるのも謎すぎだし、いくら双子だっていってもバレるだろ!

兄の選択も意味がわからなくて、別の意味では面白いです。

 

 

今月は10冊読了。

再読本…辻村深月『噛み合わない会話と、ある過去について』

 

漫画は、『推しの子』6巻!

かまたきみこ先生の『KATANA』を4巻まで読みました!

 

そしてエッセイ。

養老先生の本が本当に面白くて。

ほぼ11月に読んでたけど来月の読了本に入れまーす。

『猫も老人も、役立たずでけっこう』

 

 

電車でちまちま読んでる恩田陸の恐怖の報酬日記ももうすぐ読み終わりそう。

 

今月もよい読書時間を過ごせました!

12月も良い本に出会えますように〜!